料理を美味しそうにみせるには

料理を美味しそうにみせるには

では、まずはお料理をカメラに収める際のコツです。
目の前に出された美味しそうな料理。
でも、写真に撮ってみると、いま一つ美味しそうに見えない、ということがありますね。
どうすれば美しく、上手に撮れるのか? まずは、出来立てを撮ることが大切なんです。
お皿から立ち上る湯気。
ビールの泡。
しゃきっとした生野菜の瑞々しさ。
どれも、時間がたってしまったら台無しです。
料理がテーブルに運ばれたらすぐに、自分の作った料理なら、テーブルに置く前にアングルを決めておき、すぐにカメラを構えて撮りましょう。
食べるのも写すのも、新鮮さが何よりも大切です。
そしてフラッシュは使わず、自然光の中で撮るのがベスト。
カーテン越しの柔らかな日差しなど、もう最高ですね! しかしお店で撮る場合に、どうしても店内が暗い、などというときには、ISO感度をあげて撮影します。
こうすれば、フラッシュを使わないでも美味しそうな写真が撮れますよ。
あと、重要なのは、全体を写して面白味のない写真にしないことです。
会席料理でもケーキでも、真上から全体を写してしまったのでは、なんだか味気ない写真になってしまいます。
横から、斜め上から、などと工夫して、撮りたい場所を強調してみましょう。
お皿の3/4くらいを写すと、とっても素敵に見えたりするんですよ。
色んなショットを試してみてくださいね。

    お奨め情報

  • 楽しむ気持ちを持ってイベントに参加できる社会人サークルを京都で探しているなら、誰でも気兼ねない雰囲気で楽しめるような工夫がされているので安心です。

Copyright(C) カメラに夢中! All Rights Reserved.