ペットの愛らしさを写真に収めて

ペットの愛らしさを写真に収めて

では次に、可愛いペットを撮ってみましょう! ペットは戸外でも室内でも、撮影シーンがふんだんにありますね。
飼い主としては、愛らしい瞬間はすべてカメラに収めたいところです。
ペットをキュートに撮るための一番のポイントは、被写体の目線まで体を下げることです。
ペットと同じ目線の高さになるくらいがベストだと言われています。
上の方からカメラを構えても、ペットの上目遣いが撮れて、それはそれでキュートなのですが、目線を合わせての写真は案外少ないんですね。
一度試してみてください。
とっても可愛く撮れますよ。
また、ペットを撮るときに困るのが、被写体が動き回る生き物だということです。
かといって、「お座り」や「伏せ」をさせた写真ばかりでは、面白くありませんね。
そこで、ペットの撮影時は、全点フォーカスで撮影するのがおすすめです。
こうすると、すばやくピント合わせができるので、「可愛い!」と感じた瞬間をカメラに収めることが可能となるのです。
私のカメラは一眼レフじゃない、とお嘆きの方は、説明書をよく読んで、コンパクトデジタルカメラに搭載されいる機能を駆使しましょう。
最近のコンパクトデジタルカメラには、ボタンを合わせるだけで、簡単にシーンごとに最適な撮影ができる機能があるのです。
デジタル一眼レフカメラほどの画質は望めませんが、それでも、十分に素敵な写真が撮れますよ。

    Copyright(C) カメラに夢中! All Rights Reserved.